堺・まち文化

堺の興亡の歴史とまち文化

トップページ堺の名前起源堺地図変遷歴史と文化興亡の歴史キリシタン受容の構図

角山 榮;『堺ー海の都市文明』(PHP研究所、2002年2月)
角山 榮;講演「お茶文化と“もてなし”の心」(大安寺、平成15年6月21日)
豊田 武;『堺ー商人の進出と都市の自由』(至文堂、昭和41年)


真に、“堺衆”ということについて
角山 榮先生 プロフィール




報道記事:
 日本経済新聞(夕刊)
 (平成17年6月25日)
  Adobe社 AcrobatReader
      無料ダウンロード





 「海」は、古代からヒト、モノ、情報の遠隔交流の場として重要な役割を果たしてきた。堺 海の都市文明
 堺の繁栄は、応仁・文明の乱の影響を受けて、堺港へ遣明船が入港した1469年から大坂夏の陣にて堺のまちが壊滅的に戦火焼失する1615年までの約150年の間であった。
 その間、堺は、町人による自治都市、国際貿易都市として栄え、日本の政治、経済、軍事戦略上重要な地位を築いた。
 14〜15世紀、元寇の敗北以後、中国の制海権が衰退し、日本人、琉球人が海洋民族として積極的にアジア海域へ進出した。15〜16世紀のアジア、とりわけ日本は世界でも最も進んだ文明の中心地であった。
 世界から、“黄金のジパング”と呼ばれ、取引手段としての銀、金の供給元であり、日本の銀を目指して世界が動く時代であった。宣教師の来日もその目的の延長上に位置づけられていた。
 その栄華の中、堺の商人・千利休によって茶道が大成され、“もてなしの心”を基本とした「茶の湯の文化」として一世を風靡し、今日まで伝統的に連綿と引き継がれている。
 堺商人の栄華は、豊臣秀吉の牽制を受けて大坂に移動させられ、大坂夏の陣で大火に遭遇し決定的な被害をこうむった(1615年)。また、徳川幕府により商人の位置づけが「士農工商」と社会秩序の中で最低の格付けに据え置かれた。
 徳川時代の堺商人は、京都、江戸の商人とともに与えられた長崎での生糸取引の特権(糸割符)の上に居座ったまま、かつての雄飛した冒険商人の魂はなく、その特権を守るだけの保守的な商人になってしまった。もはや、堺は「長者の隠れ里」ではあっても、大坂商人の懐徳堂のような町人の教育機関の誕生はもとより、近江商人のような冒険的な“旅商人”を生み出すことも無かった。堺は、16世紀に繁栄した商人の町から、江戸時代は職人の町かわっていった。
 堺商人の富は、応仁・文明の乱(1467〜1478年)で荒廃した京都の町の復興資金として注がれ、17世紀、「泉南佛国」(環濠の東側一体約300寺)と言われた堺の町の寺の建立、修復に寄進された。
  堺大絵図

さらに詳細は、「読書メモをご覧ください。
ご覧になるには、Adobe社 AcrobatReaderが必要となります。
こちらから、ダウンロードできます。(無料)