写真提供:仙台市立柳生小学校 教務主任 渡辺広幸氏   校正(ロゴ):(株)日青



トップページ > コンテンツ > 地域コミュニティづくり > 「協賛会」 > 普及日記


<目次>
 1.挨拶(開会、来賓)
 2.基調講演
   祭連紹介
 3.実技指導
 4.模範演技
 5.閉会挨拶
 6.アンケート



 仙台における“すずめ踊り”を絆としたコミュニティづくりをモデルとして、そのあり方を講演と事例紹介を通して学び、実技指導により“すずめ踊り”の習得を目的としました。

           
・開催日時:平成19年8月25日(土)午後1時〜4時
           
・会場:   堺市立東文化会館 5階 ホール(収容人員:400名)

           
・プログラム(実施概要):
              
・来賓挨拶:堺市教育委員会 
                      
委員長職務代理者 東 嘉伸氏
             
・基調講演仙台市教育委員会 
                      
委員 渡邊忠彦氏
             
・事例紹介:仙臺すずめ踊り連盟
                      
祭連 
「まつりめごひめ」  佐々木 玄氏
                        
祭連 「まつり亜創」    相澤 仁氏
             
・実技指導:仙臺すずめ踊り連盟 
                     
 副会長 谷 徳行氏
                      川口知子氏、佐々木 玄氏、相澤 仁氏


         
 ・主催:堺すずめ踊り普及会   共催:堺市立東文化会館
       
・協力:仙臺すずめ踊り連盟   後援:堺市、堺市教育委員会
報道:
 産經新聞
  (平成19年8月10日)
 毎日新聞
  (平成19年8月14日)
 読売新聞
  (平成19年8月23日)
  (平成19年8月26日)

 JCOM関西
(チャンネル9)
 番組「ホームタウン
 平成19年9月16日〜30日
 月:14時〜
 火:14時〜、23時〜
 水:14時〜
 木:14時〜、23時〜
 金:14時〜
 土、日:
  9時〜、15時〜、23時〜




 開会挨拶

堺すずめ踊り普及会 副会長 中島 豊氏
来賓挨拶

堺市教育委員会 委員長職務代理者 東 嘉伸氏
祝電披露

 
堺すずめ踊り普及会
   会長 葛村 和正様


 
本日のシンポジムの開催を祝し、心よりお慶び申し上げます。
 堺市と本市との“すずめ踊り”を絆とした友好交流が活発に行われてきていることは素晴らしいことです。貴市における“すずめ踊り”普及への皆様方のご尽力に敬意を表し、本シンポジウムのご成功を祈念いたしますとともに、両市の交流と貴会の益々のご発展をお祈り申し上げます。


                                            
 仙台市長 梅原 克彦
基調講演

すずめ踊りとコミュニティづくり

 
            仙台市教育委員会
             委員 渡邊 忠彦


伝統のまち仙台



歴史

 仙台平野は古代から開けた地域
 伊達62万石の城下町(1600〜1868年)
 学都、軍都の時代(明治〜1945年)
 ●創造的な文化都市、国際交流都市を目指して

すずめ踊りの始まり

 ●仙台城の完成の宴席で
   堺の石工職が即興で踊り
   伊達家の家紋「竹に雀」に
   ちなんで“すずめ踊り”と
   名付けられた(1603年)
 ●当時の堺の石工頭名 
   黒田八兵衛、辻本七郎兵衛
   鹿野清兵衛、能島与右兵衛

 
以後、石工職人の踊りとして伝えられた

すずめ踊りを伝えた石切町

 ●堺出身の石工職人
    が住んだ町
 
●藩政時代から瀬田
   谷講をつくり、すず
   め踊りを代々伝え、
   地元の石尊神社、
   大崎八幡神社に奉
   納してきた。
 
●昭和24年頃になると、都市化により後継者
   
が途絶え廃絶寸前になる


 コミュニティづくりの必要

     背景 地域共同体の衰退

    ●家庭・地域の教育力の低下
     ●寂しくなるまち・孤立する住民
     ●共同体意識の希薄化
     ●伝統的な地域文化が途絶える
               
↓↓
  地域の大人たちの力を結集した
           コミュニティづくりを!


柳生小学校コミュニティづくり

 地域の衰退は地域・学校の教育力衰退

  ●学校から地域コミュニティ作りを呼びかける
  ●地域文化やアイデンティを育てるため課外
    学校「柳生子ども塾」をスタートし協働経
 

地域の代表 柳生祭連誕生

  ●子ども塾で「すずめ踊り」グループを養成し
    地域の祭連に育てる
  ●柳生祭連は地域を代表して活動する



仙台市教育委員会 委員 渡邊忠彦氏
“祭連”事例紹介

まつりめごひめ 佐々木 玄氏(お囃子方)

まつり亜創 相澤 仁氏(踊り方)
休 憩 (15分)




実技指導  仙臺すずめ踊り連盟 副会長 谷 徳行氏、川口知子さん、佐々木 玄氏、相澤 仁氏
川口知子さん   谷 徳行氏



写真提供:田中治三郎氏

写真提供:田中治三郎氏

写真提供:田中治三郎氏


総合司会 堺すずめ踊り普及会 副会長 藤田純子
写真提供:桑名峰之氏

閉会挨拶 堺すずめ踊り普及会 理事 前田秀一
写真提供:桑名峰之氏
来場者アンケート結果 N(母集団)=105人 (回収率33%)
                 来場者 一般:321人 会員:55人 合計376人(収容人員:400人)

記念写真 「仙臺すずめ踊り連盟」派遣講師と「堺すずめ踊り普及会」スタッフ交流(撮影:桑名峰之氏)

このページのトップに戻る⇒